金属熱処理の総合メーカー 株式会社 渡辺製作所

手掛けている加工

高周波焼入

高周波焼入とは

高周波焼入は、誘導子(コイル)を用いて鋼材表面の任意の必要部分を表面だけ加熱し冷却をし、焼入層を形成する熱処理です。焼入範囲、硬化深さを自由にコントロールできるので、無駄のない部品製作が可能になります。

用途・目的

表面のみ焼入することが可能なため、金属に耐磨耗性と靭性を兼ね備えた特性を与えることができます。このため自動車や印刷装置などの耐磨耗部品に多く使われています。
また農機具の刃などにも利用されます。

当社の強み

渡辺製作所は高周波焼入の経験が深く、コイル治具の製作に非常なノウハウを蓄積してまいりました。コイル治具を上手く使うことによって、加工品の大きさ・形状にとらわれない、柔軟な対応が可能な点を評価頂いております。

設備

高周波焼入装置

ご覧のような専用ラインで加工する焼入部品から、一点一点手加工で加工する焼入装置まで豊富な設備で対応します。