金属熱処理の総合メーカー 株式会社 渡辺製作所

手掛けている加工

金属ロウ付け加工

金属ロウ付け加工とは

渡辺製作所は真空炉で培った技術をベースとして、金属ロウ付け加工にも取り組んでいます。常温で組み付けた金属ロウを真空炉で加熱することで溶解、接合する技術は非常に珍しく、また可能性の広い技術です。

用途

厨房機器部品からエンジンまで、金属ロウ付けが必要とされる加工品は多岐に渡っています。

当社の強み

渡辺製作所は真空熱処理において長年の経験を有しています。
この熱処理技術をもとにして、酸化によるくすみやムラのない均質な加熱を行うことが可能で、高い水準でのロウ付けが可能です。
特に「量産向けロウ付けライン」に利用されている三室型真空連続熱処理装置は、加工の効率を更に高めています。

設備

金属ロウ付け組込みライン

効率のよい金属ロウ付けが可能な、自社独自ラインによって均質高品位なロウ付けの量産体制を実現しています。

ワーク搬入状況

ハンガーに組み込まれたロウ付け部品は、真空炉の中でロウ付けされるため酸化による外観の変色が殆どありません。