金属熱処理の総合メーカー 株式会社 渡辺製作所

手掛けている加工

真空熱処理・光輝焼入

真空熱処理・光輝焼入

光輝処理は、鋼の加熱・冷却を真空中または還元雰囲気中で行う処理で、酸化や脱炭のない綺麗な表面が得られる加工です。特に真空中で行う真空熱処理は加工物の熱処理歪みも少なく、後工程の削減にも役立ちます。

用途・目的

表面が酸化により変色しないため、完成部品に多く利用されています。また酸化を嫌う機能部品や、熱処理によって生じる歪みを嫌う部品に利用されます。

当社の強み

渡辺製作所はバッチ炉、連続炉、三室型連続炉と、多彩な設備を有し、状況に応じた設備によって処理することが可能です。

設備

二室型真空熱処理装置

容量760W×1145L×575Hの加熱炉を3台、焼戻炉を2台有し、柔軟な供給体制を可能としています。

三室型真空連続熱処理装置

容量400W×1800L×1300Hの大型の三室型真空連続熱処理装置も当社の自慢の設備の一つです。予熱・加熱・冷却をそれぞれの室で同時に行うことが可能な特殊な真空炉です。

真空脱脂洗浄装置
5000px

有機溶剤を使わない真空脱脂洗浄装置を設置し、環境へも配慮しています。
容量は790W×1400L×810Hと790W×1200L×650Hの2種類です。

メッシュベルト式光輝熱処理装置

数量のある加工物の場合はこのような連続式の光輝熱処理装置を使った処理も可能です。この装置は還元雰囲気を利用します。