金属熱処理の総合メーカー 株式会社 渡辺製作所

手掛けている加工

手掛けている加工

渡辺製作所は熱処理技術を中心に、こんな加工を手がけています。

全体熱処理

焼入焼戻 焼入処理は様々な目的に利用されています。炭素鋼や低合金鋼の場合、硬さや耐磨耗性を向上させ、靭性を高めます。
高合金鋼では硬さと耐熱性を高めます。
調質 残留応力除去、寸法安定性の向上、靭性の向上を目的に行われる処理です。
焼準 組織均一化と残留応力除去、被削性向上などを目的に行われる処理です。ただし高合金鋼の被削性向上には焼鈍が用いられます。
焼鈍 軟化、寸法安定性と残留応力除去、被削性向上などを目的に行われる処理です。
固溶化 組織を安定化させ、延性、耐食性の向上、軟化、内部応力除去を目的とした処理です。
溶体化処理 金属を削りやすく、耐蝕性を向上させます。非鉄金属の強さを増す処理です。
サブゼロ処理 耐磨耗性を向上させ、寸法安定性を高めます。

表面熱処理

高周波焼入 誘導子(コイル)を用いて鋼材表面の任意の必要部分を表面だけ加熱し冷却をし、焼入層を形成する熱処理です。焼入範囲、硬化深さを自由にコントロールし、無駄のない部品製作が可能になります。
浸炭処理 鋼の表面の炭素を増加させ、焼入硬化する処理です。特に低炭素鋼に有効です。
窒化処理 鋼を活性窒素の中で加熱して、金属の表面に窒化物を生成させる処理法で、ガス窒化、イオン窒化などの方法があります。
製品に耐磨耗性を与え、低温処理のため歪みが小さくなる特長があります。また、耐疲労性の向上を目的とした、軟窒化にも対応しています。

アルミ合金熱処理

渡辺製作所ではアルミの熱処理も手がけています。
常温では2相である合金を高温に保って均一固溶化する溶体化や、急冷により得られた室温での過飽和固溶体を室温に放置又は、比較的低温で加熱させ、硬化させる時効化などがあります。

真空熱処理・光輝焼入

鋼の加熱・冷却を真空中で行い、酸化・脱炭のない光輝処理ができます。又、処理品の熱処理歪みも少なく後加工が不要、或いは削減が可能になります。

金属ロウ付け加工

「量産向けロウ付けライン」も稼動しています。
この装置では、金属ロウと対象物を重ねて、真空炉の中で加熱することにより、ムラのない、高品質なロウ付けが可能となっています。

各種金属材料試験

そのほか渡辺製作所では北陸最大級の検査設備を保有し、各種の金属材料試験も承っております。