金属熱処理の総合メーカー 株式会社 渡辺製作所

Watanabe Profile

目的による分類

加工方法/目的から選ぶ

加工方法から選ぶ

全体改質・熱処理
加工処理 目的
<熱処理>
焼入 硬さ向上と耐磨耗性
焼戻 硬さと靭性の調整、組織の安定化
調質 組織の均一化・硬さと靭性の調整
表面硬化処理の前処理
焼準 組織均一化と残留応力除去、被削性向上
焼鈍 完全焼鈍 中炭素鋼の被削性向上
球状化焼鈍 高炭素鋼の被削性向上、焼割れ防止
応力除去焼鈍 応力除去
全体改質・その他
固溶化 組織の安定化、耐食性の向上
軟化、内部応力除去
析出硬化 時効効果の一種として、硬化させる。
耐食性を向上させる。
真空焼入・焼戻 硬さ向上、耐摩耗性向上
酸化、脱炭がなく光輝性に優れる
溶体化処理 金属を削りやすく、耐蝕性を向上させる。 
非鉄金属の強さを増す。
表面改質
加工種類 目的
高周波焼入 必要な部分に焼入でき、耐磨耗性を高める。 
耐疲労性も向上。
浸炭 表面層の硬さ向上、耐磨耗性向上
窒化(イオン、ガス、ガス軟) 耐磨耗性向上、表面層の硬さ向上
その他の処理
加工種類 目的
<その他の処理>
金属ロウ付け加工 金属の接合
各種金属材料試験 ・後処理  

目的から選ぶ

強さを増す 焼入 | 焼戻
対疲労性 焼入 | 焼戻 | 浸炭 | 浸炭窒化 | 高周波焼入
対衝撃性 焼入 | 焼戻
耐磨耗性 焼入 | 焼戻 | 浸炭 | 浸炭窒化 | 高周波焼入
耐食性 焼入 | 固溶化
低温脆性 焼入 | 焼戻
組織の均一化 焼準 | 焼鈍 | 調質
内部応力除去 焼鈍 | 固溶化
寸法安定性 焼鈍 | サブゼロ処理
冷間加工性 焼鈍
被削性 低炭素鋼>焼準 | 高炭素鋼>焼鈍